木曽ひのきの有効活用

木曽ひのき育林事業

木曽ひのきと共に生きる

植林木にはさまざまな樹種がありますが、木曽の地においてはやはりヒノキを抜きにして語ることはできません。植林木はその成長に従って下草刈り、除伐、間伐、枝打ちと手入れ作業の内容が変化していきます。そんな中でとかく話題になるのは間伐した木の使い道です。山は険しいため、伐採した木を引き出すのに時間もお金もかかり、山に放置されたままです。 木は腐ったり燃やしたりすると固定していたCO2が大気中に放出されカーボンニュートラルの状態です。しかし我々の生活に役立つものを考案し、それを長く使い続け、その量を増やしていくとで、より多くのCO2を将来にわたって固定し続けられる訳です。エコファームは木曽ヒノキの間伐材がより多くの方に長く活用していただけることを念頭に置いて商品開発を行っております。

 


 



ホーム RSS購読 サイトマップ